協会の概要

会長挨拶

年頭所感

 新年、あけましておめでとうございます。旧年中は、当協会の事業推進や運営に関しまして、格別のご指導ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、私たち給食提供事業者は、法律では「国民の健康の増進の総合的な推進を図るため、相互に連携を図りながら協力するよう努めなければならない」(健康増進法第5条:関係者の協力)と定められています。
 私ども集団給食協会は昭和41年、東京都知事から設立の認可を得て、爾来50年有余年「安全で安心できる食の提供」を通して、人々の豊かで健康な暮らしを実現するため、迅速・的確な対応で様々な事業活動を展開し、給食業界の発展に尽くしてまいりました。
 今年も私どもは、東京都が認定する公益社団法人として関係行政諸機関、関係諸団体との連絡・連携を基本に、次のような事業を実施いたします。  

  • 1 食育に関する普及・啓発及び推進
  • 2 保健衛生に関する普及・啓発及び推進
  • 3 給食事業従事者人材育成
  • 4 災害時支援体制の推進

 実施する事業の一つひとつが、安全・安心・信頼できる給食環境の醸成に寄与し、都民の健康づくりに貢献するとともに会員一人ひとりの誇りとなるよう努力してまいります。
 2020年オリンピック・パラリンピックが開催される年を迎え、皆さまにおかれましは、活気にあふれ希望に満ちた明るい年となりますよう期待しております。
 最後になりますが、本年も倍旧のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、皆様のご繁栄とご多幸を祈念し、新年のご挨拶といたします。  



    2020年1月

公益社団法人集団給食協会
 会長 岩見 竜作