施設賠償責任保険

(東京海上日動火災保険株式会社)

概要

この施設賠償責任保険は、東京海上日動火災保険株式会社が公益社団法人集団給食協会会員に限定し実施している保険です。
学校給食の厨房内外での給食業務の遂行中に不注意によって生じた事故が原因で他人の財産を損壊したことにより会員が負担する法律上の損害賠償責任を補償します。

事例

  1. ・厨房で調理を行っている際、不注意により火災が発生し、学校の建物に焼害が生じた。(免責金額ゼロ)
  2. ・厨房で使用した調理器具を洗浄した際、不注意により水を出しっぱなしにし、建物に損害が生じた。)
  3. ・厨房で調理を行っている際、不注意により調理器具、機械を損壊させてしまった。(免責金額10万円)

※火災、破裂・爆発、水漏れによる損害以外の損害については、10万円の免責金額を超える損害のみ補償されます。

保険金をお支払い出来ない主な場合

  • 屋根、窓、扉等から入った雨、雪等により財物に与えて損害や施設の修理費用
  • 改修等の工事に基づく賠償責任
  • 航空機、昇降機、自動車または施設外にある船、車両、動物による賠償責任
  • 販売、提供した商品、飲食物が原因となって食中毒その他の事故を起こした場合の賠償責任
  • 仕事の終了または引渡し後、その仕事に欠陥があったため生じた事故による賠償責任等

保険期間

毎年1月1日(午後4時)~ 翌年1月1日(午後4時)

加入対象者

公益社団法人集団給食協会 会員

保険会社

東京海上日動火災保険株式会社

取扱代理店

有限会社東京エイドセンター